繊細なワイヤーアートを学びました


今日は神楽坂のカフェでワイヤーアートの個人レッスンを受けてきました。

作ったのはこんな作品♪
{1323D21A-86DA-441E-9BC7-572BBD10BE87:01}

石はロードナイト、ワイヤーはK14ゴールドフイルド製のものを使用しています。

先日ミネラルショーを訪れたときに宝石質の美しいシトリン、シトリンや水晶の美しいポイントを幾つか連れて帰りましたが、それらの石を一番美しく見せてくれる巻き方を探しているときに見つけたのがYUKIさんの繊細ワイヤーアートでした。
画像を見ていて、こんなふうに巻けたら素敵だなぁと思い、すぐに連絡を取ってレッスンをしていただけることになりました。
マンツーマンのレッスンで、分かりにくいところや作業が難しいところなど、質問しながらしっかりお聞きすることができました。
{6E1861C0-5738-4A23-AFA1-AC6F5A003624:01}

巻きながら、こんなに繊細な留め方で石が留まるのだろうか、という疑問も謎が解けて、あとは練習あるのみです!

こちらはYUKUさんがお手本にと持ってきてくださった作品です。
{B0E87903-4CBF-480A-A673-E8308427C1FC:01}

光の具合で色がうまく写っていないのですが、美しい石の魅力を最大限に引き出すワイヤーアートの作品の数々、うっとりでした。

今回はあまり厚みのない石を巻く初級クラス、まずはシンプルなカボションを巻けるように練習したいと思います。
{1CA6A275-D984-4BE1-B862-E5D12FD19E21:01}

レッスンの合間や終わった後のおしゃべりも楽しく、よい時間を過ごさせて頂きました。

今回のこの講座はピンときたのですが、直感にしたがって大正解、受講してよかったです♪