アクセス・バーズR を学んだ訳


タイトルと関係ないのですが、嬉しいことが!
Petit LapinのFacebookページへのいいね!が400名様を超えました!
{4CBEE0D1-A349-43E3-888F-8C10C28D5EBF:01}
お友達にもたくさんの方にいいね!していただいていますし、直接お目にかかったことのない方もご覧いただいています。

皆さまに改めてお礼を申し上げますラブラブ
これからもどうぞよろしくお願いします♪
https://www.facebook.com/un.petit.lapin?ref=bookmarks

さて、今日はまたまたアクセス・バーズRのお話。
私と夫は結婚して15年一緒にいるわけですが、その間に幼い頃のこと、仕事のこと、家族のこと、いろいろな話しを聞き、当然ながら、夫がたくさんのものを背負ってきていることがわかります。

そして、家族だからこそそれがいろいろな場面で噴き出して話しが止まらなくなる…

私がきちんと聞ければよいのかというと、どうもそれだけでは解決しないみたい…

しかも、私に聞く余裕のない時も多いのです。

何回話しても、私にはなかなか理解できないこともたくさんあり、また、夫も伝えるのが上手なほうではないので、会話が行き詰まったり、お互いイライラしてしまったりということがよく起こります。

言葉でのコミュニケーションに限界を感じていたときに、ちょうどアクセス・バーズRのプラクティショナー養成講座のお話をいただき、学んだ後は夫に集中的に施術をしています。

一昨日、夫に2回目の施術をしました。

1回目の施術のときは、ボソボソとおしゃべりしたまま受けた夫ですが、2回目は始まってすぐに眠っている様子でした。

セッションの3分の1を過ぎた頃から私は寒く感じ始め、途中でカーディガンを羽織りましたが、それでも寒い。

でも、温度計を見ると室温は23℃ちょっとで、寒いような温度ではないのです。

プラクティショナー養成講座で、施術中、クライアントの状態により、寒さを感じたり暑く感じたりすることを習っていましたが、こんなに寒く感じたのは初めてでした。

私は霊感のようなものがある方ではないと思いますが、エネルギーが動くというのはこういうことなのかな?と感じました。

施術後は、夫はぐっすり眠って目覚めるといつもより頭がすっきりしたと言っていました。

ふとしたことから出てくる過去の話しは相変わらずなのですが、少しずつ中身が変化しているように感じます。
私自身も距離をとったスタンスで少し冷静に観察できるようになり、楽に過ごすことができています。

1回目の施術をした後、コミュニケーションをうまくとれないことを夫のせいにばかりしていた自分に気づくことができたことも大きいと思います。

お互い、我が家が安らぎの場となるよう、これからもできることをしていきたいなと思います。