おもてなし心理学2級コーチ、1級コーチ(前半)養成講座を受講


昨日、一昨日とおもてなし心理学2級コーチ、1級コーチ養成講座を受講してきました。

昨日の会場はミスユニバースを目指す方が利用するお部屋ということで、2007年にミスユニバースに輝いた森理世さんが着たドレスが展示してありましたキラキラ
協会代表の網野麻理さん(左)、一緒に受講させていただいた智佐(真ん中)さんと。
お二人とも素敵ですラブラブ

{134CC4D6-13E6-455E-A37E-6F2F851E968F:01}

2級講座では、待ちに待ったエニアグラムの診断を実際に行い、さまざまな性格のタイプを学んでいきました。

1級では、それをさらに深める内容を学び、実際のコミュニケーションに活かしていくためのワークもします。
ナビゲーター講座から、順々に、自分の心のこと、他者理解と学びますが、1級コーチまで学ぶことで、日常生活にどのように落とし込んでいくのか、というところを具体的に学び、探っていくことができます。
コミュニケーションの方法はひとつではなく、自分の生活タイプ、相手の生活タイプ、ストレス状態によりさまざまなアレンジが必要であることを教えていただきました。
性格のタイプを診断して終わるのではなく、それをどのように活かしていくか、それが大切なのを身を以て実感する2日間となりました。
私の場合は夫とのコミュニケーションを気持ちよくスムーズなものにし、家を穏やでリラックスできる場所にしたい、そういう思いで学んでいます。
ワークの中で、夫のタイプ、自分のタイプからコミュニケーションの際心がけることを具体的な行動から学び、登壇されている麻理さん、ご一緒させていただいた智佐さんから、さまざまな気づきをいただきました。
アクセサリー作りの仕事の際にも、メールでお客様とやり取りをさせていただくので、限られたやり取りの中で、どのようにそれぞれのお客様が求めているものを理解し、提案させていただくかというところに活かしていきたいと思います。
接客のお仕事をされる方、職場でのコミュニケーションなど、本当にいろいろな場面で役立てていけるものと感じます。
自分が会社勤めをしているときに学ぶことができていたら、と思いかえしてしまいますが、今「おもてなし心理学」に出会ったことにもきっと意味があるのだと感じます。
来月はコーチ1級の後半を学びます。
来月の講座まで、学んだことを家庭生活やお客様とのコミュニケーションの際に意識しながら過ごしてみたいと思います。
日常生活のすべてが訓練材料になっていくと思います。
おもてなし心理学協会のサイトはこちらです。